【I’m in hot water】「お湯の中にいる」ってどういうこと?

すぐ使いたくなるフレーズ集
講師

I’m in trouble.

悩む女性

トラブルの中にいる、ってどういうこと?困っているのかな?

みなさんは「be in trouble」というフレーズに出会ったことはありますか?

結論から言うと、何かの問題が起きて “I’m so busy!” という状態、つまり「めちゃくちゃ忙しくてすごく大変で困っている!」という状態を表現することができます。

単純に “I’m busy.” というよりも、何かの問題に対応する必要があるために忙しいという背景を伝えることができる表現となっています。英語って面白いですね。

この記事では、「困っている」というニュアンスを違った言い方で伝えることができるフレーズを5つ紹介します。

いろんな形に応用して幅広い表現ができる

冒頭でも紹介した “I’m in trouble” ですが、withをつけて何に関して困っているのかを修飾したり(例文①)、troubleに補足情報を与えて詳しく説明したりすることができます(例文②)。

① I’m in trouble with credit card.
クレジットカードの支払いで困っててね。
② I’m in financial trouble.
お金のことで困ったことになっててね。
③ I got into bad trouble with my boss.
上司とかなり揉めちゃったんだよね。

・be in trouble with + 人/モノ:~との(に関する)問題で困っている

・get into trouble:困ったこと(状態)になる

「get in trouble=怒られる」となり、別の意味になるので注意しましょう!

ちょっと上級者っぽい「困ってる」の比喩的表現

基本のフレーズは上で紹介した通りですが、実際の会話の中では同じような構文を用いた比喩的なフレーズが使われることがあるので紹介しておきます。

どれも初めて聞くと「え?」と戸惑ってしまうようなフレーズばかりですが、一度イメージを作ってしまえば二度と忘れないものばかりです。楽しくフレーズを学習して、英語の表現に慣れていきましょう!

in hot water|お湯が熱くて困ってる!?

講師

I’m in hot water…

悩む女性

熱い水の中にいる?

日本語だと「水」と「湯」で温度が異なる水を表現する別々の言葉があるのですが、英語では「お湯」のことを ”hot water” と表現します。

そのまま ”I’m in hot water.” を直訳してしまうと、「お湯の中にいる」ですが、ここではすごく熱―いお湯の中にいる人を想像してください…

現代人には想像しにいかもしれませんが…昔のお風呂は給湯温度を自動で設定することなどできませんから温度を見計らいながら外から沸かしていたんですね。

そのときに不注意でお風呂を沸かし過ぎて、入れなくなってしまうくらい熱くなってしまったという状態が “be in hot mater” です!

「自分の行為が自分に返ってきて困った状態に陥る」というニュアンスで使われる表現であることがイメージしやすいと思います。

女性困る

Sorry, I can’t come tonight.

ごめん、今日行けなくなった。

 

 

Are you okay? What happened?

大丈夫?何かあった?

女性困る

I’m in hot water with my client. I have to clear up the misunderstanding.

取引先と揉めちゃってね。すぐに対応しないといけないの…

in deep water|深い水の中だともっと困る!

似たような表現として「in deep water」というフレーズが使われることもあります。

足が着かないほど深い海(水)の中に放り出されて「あっぷあっぷしている」状態を想像してください。

厳密な取り決めがあるわけではないですが、より「困った状態・大変な事態に陥っている」というニュアンスを表現したいときに使えます。

女性困る

Oh, man. I’ve broken the vase…

あっちゃー、花瓶割っちゃった。

Wow…If our mom found out, we’d be in deep water.

ママが知ったら大変なことになるね。

もちろん、”in deep water” のところは “in big trouble” としても全く同じように伝わります。

難しく考えずに表現のバリエーションを広げるという気持ちで楽しんで習得していきましょう!

in a pickle|瓶の中に詰められたらそりゃ困る!

上の2つと同じ意味の表現に “be in a pickle” というものがあります。

こちらはイギリス英語で使われる表現なので、使う相手によっても反応が変わりそうですね。また、主にイギリスでも「お年寄りや中年の人」が使う表現で少し古い印象を与えるかもしれません。

実は、これはシェイクスピアが初めて使ったイディオムですが、元々はオランダ語のイディオム「in de pekel zitten」(漬け汁の中に座っている ⇒ どうすればよいのか分からない)から来ているそうです。

in a jam

日本人はピクルスにあまり馴染みがないかもしれませんが、同じ、食べ物繋がりで「ジャム」はどうでしょう。

こちらも「瓶の中でジャム漬けにされてどうすれば良いのかわからない」という状態を比喩的に表すイディオムの1つです。

まとめ

今回の記事では「困った状態にある」という表現を紹介しました。

・be in trouble
・be in hot water
・be in deep water
・be in pickle
・be in a jam

「be in ○○」という形のイディオムは他にもたくさんあります。

この記事で学習したことを参考に表現の幅を広げていきましょう!

\ 無料体験実地中! /
短期集中マンツーマン英会話 SPworld

コメント

タイトルとURLをコピーしました