バレンタインデーを英語で説明!メッセージカードに使えるフレーズも

バレンタインを英語で説明!メッセージカードに使えるフレーズ15選 日本の文化を説明
女性

2月14日はバレンタインデーだね!チョコレートを買いに行かないと~

講師

海外では男性から女性にプレゼントすることが多いって知っていますか?

悩む女性

え~、そうなの?全然知らなかった!

「バレンタインデーについて海外の友人と話したい」
「日本のバレンタインデーについて英語で説明したい」
「バレンタインデーに使えるオシャレなフレーズを知りたい」

そんな方にぴったりの記事を用意しました。

この記事では、

といった、英語でバレンタインデーについて話すときに役立つ内容を紹介します!

 

この記事を読むことで、外国人に日本のバレンタインデーを紹介するときに、どんなポイントを押さえておけば会話が盛り上がるのかがわかります。

記事の後半では、バレンタインにぴったりなおしゃれフレーズをたくさんシェアするので、ぜひ覚えて実際に使ってみてくださいね!

バレンタインデーの起源|もともとは何が起きた日?

バレンタインデーの起源は遠い昔、3世紀のローマ時代にさかのぼります。

当時は「恋人や家族を故郷に残したまま戦地に向かうことが兵士の士気を下げる」として結婚が禁じられていました。

ただ、それを不憫(ふびん)に思ったキリスト教のウァレンティヌス(バレンタイン)が隠れて結婚式を行っていたのが見つかり、ローマ皇帝から辞めるように命令を受けます。

その命令に逆らい続けた結果、バレンタインは処刑されてしまいます。

その処刑の日が「2月14日」なんです。

その後、ローマの人々はその日に祈りを捧げるようになり、14世紀頃からは彼の名前にちなんだ「バレンタインデー」として親しまれ始めたのです。

歴史をたどれば悲しい事実がありますが、「恋愛」というキーワードがバレンタインデーのイメージとぴったり合いますね。

海外の多くの国では「バレンタインデー=夫婦やカップルがお互いの愛を確かめ合う日」として認知されており、男性から花などを贈ることが多いです。

なので、海外の方にとっては日本流のバレンタインデーは特徴的に感じられるかもしれませんね。

バレンタインデーの英語表記|Saint Valentine’s Day

バレンタインデーを英語で書くと、Saint Valentine’s Dayとなります。このとき、Saint を省略して St. Valentine’s Day とすることもよくあります。

Saint には「聖人」という意味があり、日本語訳では「聖なるバレンタインの日」といったニュアンスになります。

Valentine は上でも述べたようにバレンタイン司祭の名前から来ていますが、バレンタインデーによく使われるフレーズの中では「大切な人・恋人」という意味にもなります。

会話の中では

講師

Happy Valentine’s Day!

といった感じで、Saint は省略されて使われることが多いです。この場合も、Valentine’sの「’s」を忘れないようにしましょう。

日本のバレンタインの特徴を英語で説明してみよう

日本と海外の違いに注目しながら、バレンタインについて英語で説明できるようにしていきましょう。

日本のバレンタインの特徴3選

「女性から男性にプレゼントをする」の英語表現

日本のバレンタインデーの一番の特徴は「プレゼントを贈るのは女性から男性」ということです。

アメリカでは、男性から女性へプレゼントを贈るのが定番です。他の海外の国でも男女には関係なく、お互いにプレゼントを贈り合うことが多いようです。

「日本では女性から男性に贈り物をする」というを紹介します。

Generally, women give gifts to someone they love on Valentine’s Day in Japan.
日本ではバレンタインデーに女性から(大切な人に)贈り物をします。

バレンタインデーは「好きな人に気持ちを伝える日」というイメージもあるので、

Women give gifts to someone who they crush on that day.
その日には、女性から好きな人にプレゼントをします。

という言い回しもできます。

crush:好きな人(主に片想い)
I have a crush on him:彼のことが好きです。

crush はもともと「押しつぶす」という意味の動詞ですが、「心を打ち砕かれるほど好き」というニュアンスで「好きな人」のことを表す口語的な表現です。

映画や海外ドラマでもよく出てくる単語なのでチェックしておきましょう!

「ホワイトデー」は日本独自の文化

女性

日本では「女性から男性へ」が普通なんだよ

講師

That’s unfair!(ずるい!)

女性からプレゼントする日であることを説明すると、「不公平だ!」と言われてしまうかもしれません。

そんなときのために「男性がお返しを返す日が用意されている」というフレーズを覚えておきましょう!

「ホワイトデー」のことですね!

There is a day for men to give gifts in return to women on March 14.
3月14日に男性がプレゼントのお返しをする日があります。
give gifts in return:プレゼントのお返しをする

ちなみに、ホワイトデーの文化は日本語にしかないため “White Day” と言っても英語では全く通じないので注意しましょう!

「なぜ日本のバレンタインはチョコレート?」を英語で説明

実は、海外のバレンタインデーで贈るものはチョコレートとは限りません。

むしろ、メッセージカードと一緒にキャンディーやお花、ジュエリーなどを渡す、という方が定番です。夫婦や恋人の関係だと、雰囲気の良いレストランを予約してディナーへ出かけることも多いようです。

一方、日本のバレンタインといえば、圧倒的にチョコレートが主流です。

「定番のギフトはチョコレート」という表現をシェアします!

Normally the gift is something chocolate.
基本的にチョコレートを贈ります。

チョコレート会社の商業的なバレンタイン戦略

バレンタインデーが近づくにつれて、日本中の街は赤やピンクに彩られ、たくさんの商品が贈り物の候補として店頭に並びます。

もちろん、チョコレート以外にもいろんなお菓子があるにもかかわらず、「バレンタインデー=チョコレート」が日本人が持つ定番のイメージになっています。

「Why チョコレート?」に答えられるようにしておきましょう!

Since Valentine’s Day was imported to Japan, it was popularized for commercial purposes.
バレンタインデーが日本に入ったときに商業的な理由から人気になりました。
This practice comes from some chocolate companies.
この(チョコレートを贈るという)習慣はチョコレート会社が起こしたものです。

さまざまなイベントの裏には商業的な思惑が見え隠れするものがたくさんあり、中でもバレンタインデーは代表的なものの一つですよね。

「なるほど!日本のお菓子会社は上手くやったね!」と納得してもらえるでしょう。

実は海外にもある?日本の義理チョコ文化

海外の学校でもクラスメイト同士でプレゼント交換をしたり、同僚や上司にキャンディーやチョコレートを配ることはあります。

ただし、やはり海外では「恋人や夫婦のための日」というイメージがあり、日本ではむしろ多数派を占める義理チョコ文化について触れると良いでしょう。

ここで「義理チョコ」の “義理” の部分を文字通りに ”obligatory chocolate” と直訳すると、「義務」の部分が強調され、本来の意味が逆に伝わりづらくなります。

obligatory:
If something is obligatory, you must do it because of a rule or law, etc.:
引用元: Cambridge Dictionary

「義理チョコ」についても話せるようにしておきましょう!

There’re many types of ways to give chocolate.
(この日に贈る)チョコレートにはいろんな意味合いがあります。
本命チョコ
Honmei-chocolate is given to a crush or a spouse to express your love.
本命チョコ、は好きな人やパートナーにあなたの愛を伝えるためのものです。

義理チョコ
Giri-chocolate is given to colleagues and bosses to show your appreciations in days.
義理チョコは職場の仲間や上司に日頃の感謝を伝えるものです。

ここで「本命チョコ」を favorite chocolate とすると、「その人が好きなチョコレート」の意味になってしまいます。

例文のように「どんな人に・どんな気持ちを伝えるためのものなのか」を説明するとわかりやすいですよ!
講師

In recent years, young women exchange chocolate gifts with their female friends.
最近は、女の子同士でチョコレートを交換することもありますよね。

女性

You call it Tomo-choco, right?
友チョコでしょ?

講師

And also I heard there are a lot of people who buy chocolate for their own.
自分へのごほうびとして買う人もたくさんいるようですね。

女性

You’re right! They tend to enjoy a bit expensive one.
そうそう!ちょっと高めのが用意されてるからそれを楽しんでいるよ

バレンタインカードにも使えるおしゃれなフレーズ15選

バレンタインデーは恋人のための日なので、恋人に気持ちを伝えるためのオシャレなフレーズがたくさんあります。

その中でも、特にバレンタインデーの雰囲気を感じられるフレーズを厳選しました。

今年のバレンタインにぜひ使ってみてください!

恋人・本命の相手へ贈るバレンタインのメッセージ

  • For my Valentine.
  • You are my Valentine.
    あなたは私の大切な人です。

Valentineを「大切な人」という意味で使います。

シンプルですが、バレンタインならではの特別感があります!

バレンタインに使える告白フレーズ【恋人同士もOK】

  • Will you be my Valentine?
    私の特別な人になってください。

前述した my Valentine を使って「バレンタインデーを一緒に過ごしませんか?」とする誘い文句です。

愛の告白にぴったりですね!

  • You really mean a lot to me. This is for you.
  • This is for someone special. Here you are.
    あなたは私の大切な人です。受け取ってください。

バレンタインに限らずに使えるとても便利なフレーズです。

プレゼントを添えて、気持ちを伝えたいときに使ってみてくださいね!

  • I’m expecting something back!
    お返し期待してるよ!

親しい関係で使える茶目っ気のあるフレーズです。

プレゼントを渡すときに使えるフレーズ【バレンタイン以外OK】

他にも、バレンタインに限らず、プレゼントを渡すときに使えるフレーズをシェアします。

  • I hope you like this.
    気に入ってもらえると嬉しいです。
  • I actually have something for you.
    実はプレゼントを用意しています。

いろんな状況で使えるので覚えておくと便利!

【恋人用】メッセージカードにそのまま使えるおしゃれなフレーズ

上で紹介したように”You are my Valentine”や”For my Valentine”はカードに書かれるメッセージとしても人気のフレーズです。

他にもたくさんあります!

  • With all my love.
    ありったけの愛を込めて
  • You’re special to me.
    私にとって、あなたは特別です。
  • You are my everything.
    あなたは私のすべてです。
  • Happy Valentine’s Day with lots of love.
    素敵なバレンタインデーに、たくさんの愛をこめて。

といった、言うのが少し照れくさいフレーズをあえて添えてみてはどうでしょうか。

【職場用】同僚に渡す義理チョコ用のフレーズ

職場では、フリースペースに置いておいて「ご自由にどうぞ!」というのがよくあるパターンですよね。

女性陣でお金を出し合ってチョコレートを買って「男性陣どうぞ」というときにも、メッセージカードをちょっと添えておくと良いでしょう。

  • From the beautiful ladies! Help yourself.
    美しい女性陣からです!ご自由にどうぞ。
  • Valentine’s chocolate for everyone! From Shiomi.
    みなさんへ、バレンタインチョコです!シオミより。
  • Happy Valentine’s Day! Hope everyone likes this!
    ハッピーバレンタイン!気に入ってもらえると嬉しいです!

まとめ

この記事では、日本と海外のバレンタインの違いについて英語で説明するためのポイントを解説しました。

英語で伝えたいポイントは以下の通りです。

  • 女性から男性にプレゼントを贈る
  • プレゼントは主にチョコレート
  • 男性がお返しをする日がある
  • 同僚に配るものを「義理チョコ」と呼ぶ

これらに着目して文章を作ると、英語でわかりやすく日本のバレンタインについて説明できますよ!

「バレンタインデーならではのおしゃれフレーズ」もぜひ使ってみてくださいね!

初心者でも日本語で聞けるから安心!

\ 無料体験実地中! /
短期集中マンツーマン英会話 SPworld

タイトルとURLをコピーしました