「なるほど」って英語でどう表現?相槌でもっと英会話が楽しくなる!

すぐ使いたくなるフレーズ集

このコラムでは、さまざまなシチュエーションで使えるフレーズを紹介しています。初心者にもわかりやすい単語や表現を中心に紹介するので、覚えてどんどん使ってみてくださいね!

今回の記事では「会話を弾ませる”相槌(あいづち)”のフレーズ」を紹介します。

英会話にも”相槌(あいづち)”があることを知っていますか?

・うんうん、なるほど。
・へぇー、そうなんだ!
・冗談でしょ?信じられない。
・すごい!良かったね!
普段日本語で会話をするときには、さまざまな相槌を使っていることがわかります。
学校で習う、教科書の中の英会話ではまさに台本通りに会話が進んでいくため、あまり意識したことが無いのではないでしょうか。
適切な相槌は相手に与える印象も良く、会話を弾ませることができるのでしっかりとマスターしておきましょう。

英会話で相槌を使う理由

相手の話を聞いている姿勢を示すことができる。

日本語の会話でも同じですが、自分が話している時に相手から全く反応がないと「ちゃんと伝わっているのだろうか」と不安になります。

女性

あなたの話に興味があります!

女性

ちゃんと聞いていますよ~

という気持ちを伝えることができる大切なフレーズになります。

また、自分の知らない固有名詞や興味のあるキーワードが出てきたときに、より詳しく説明してもらうことで会話が膨らんでいきます。

相槌だけでも立派なコミュニケーションになる

「会話は言葉のキャッチボール」と例えられますが、毎回全力で投げる必要はないんです。

日本人の英語への苦手意識の原因の一つに「完璧主義であること」がよく挙げられますが、相手の言葉に対して毎回長文の回答を用意する必要はありません。

相槌を上手く使って聴き手に回ることができます。英会話へのプレッシャーがだいぶ軽くなりませんか?

ただし、聴くだけだと、

悩む女性

私の話に興味ないのかな…

のように伝わってしまうので、自分の意見や気持ちに繋げていくことも必要です。

相手に会話を続けることを促せる

相手の話が終わっていないのに自分も同じだけの分量で話に入っていくと、「話を遮られた」と感じさせてしまいます。

相手に会話の主導権を握らせたままで話を聞いている姿勢を伝えるために相槌は必須ですね。

英語における相槌の種類

  • 意思表示
  • 感情表現
  • 発言を促す

英会話における相槌の注意点

決まったフレーズしか使えないのはNG

何を言っても同じ反応しか返って来ないと印象が良くないのは英語も日本語と一緒です。

ただ、英語で相槌を使うことに慣れていない日本人は「Yeah~Yeah~」と繰り返すだけになってしまうことも多いのではないでしょうか。

・耳障りになる
・真剣に聴いている姿勢が伝わらない

→相槌の使い方のポイントを押さえてバリエーションを増やしましょう。

相槌だけで終わらせない

実際にフレーズを身につけていくと、相槌だけでもそれなりにコミュニケーションを取ることができることに気づくと思います。

ただし、上でも述べたようにどちらかが”聞く専門”になってしまうと、会話は一方通行になりそれ以上膨らんでいきません。

相手の話を引き出しながらそれに対する自分の考えの表現や質問に繋げていく表現も合わせて身につけていきましょう。

意思表示に使えるフレーズ

軽い同意を入れる

Yes.
I see.
Right.
Uh-huh.

これらのフレーズは一言だけでも

「そうだね!」「なるほど」

という軽い同意を表すことができます。

また、表情やイントネーションを変えたり、疑問形にするなどして感情の度合いを調整できます。

同意を強調する

I agree.
I know that.
I feel you.
I feel the same.
I’m not surprised.

“agree”は「賛成する」という意味で使われることもありますが、単純に同意している気持ちを伝えるときにも使えます。

他の表現も「私もそう思います」と同調する時に良く使うフレーズなので覚えておきましょう。

感情を表現する

1.GreateやWonderfulなどを使う

【厳選】英語で相手を褒める単語は3つでOK【初心者でも口説ける】
このコラムでは、さまざまなシチュエーションで使えるフレーズを紹介しています。 初心者にもわかりやすい単語や表現を中心に紹介するので、覚えてどんどん使ってみてくださいね! 今回の記事では「相手を褒めるフレーズ」を紹介します。 海外では初...

以前のエントリーで「相手を褒めるときに使えるフレーズ」を紹介しました。

褒めるだけでなく、さまざまな感情を単語一つで表現することができるので参考にしてください。

Surprising!
(びっくり!)
You’re kidding!
(噓でしょ?)
That’s too bad.
(それは大変ですね…)
You’reやThat’sなどと合わせて使うことで、感情を上手く表現してみてください。

2.You must be~

共感していることを強調する表現です。

You must be tired.
(お疲れでしょう…)
It must be fun.
(いいですね!!!)
You must have been tough.
(大変でしたね…)

must have been~で過去形の表現ができます。覚えておきましょう!

相槌のバリエーションをつけるためのコツ

イントネーションを変える

フレーズそのものよりも感情が伝わるのはイントネーションです。

仮に同じフレーズでも全く違う言葉に聞こえます。

相手のキーワードをリピート

良い相槌フレーズが出てこない場合は、相手の話のキーワードとなる部分をリピートしてしまうのも良いでしょう。

相手も話の要点が伝わっているのかを確認することができますし、知らない単語が出てきた場合などは疑問形にしてリピートすることで「これってどういうことですか?」というニュアンスを伝えることができます。

ピンポイントに質問をする

会話の中で分からなかったことやより詳しく聞いてみたいことを質問することも相槌の一つと考えてよいでしょう。

まとめ

今回の記事では、会話の中ですぐに使える相槌フレーズを紹介しました。

相手が親身になって話を聞いてくれていることがわかると、嬉しくて会話がどんどん弾んでいきますよね。

フレーズのバリエーションが乏しいと単調で話を真剣に聞いているのが伝わりにくいため、多くの表現を身につけておくことは大切です。

ただ、「あなたとの会話を楽しんでいます」ということを伝えるのはどんなフレーズを言うかだけではなく、目線や表情、ジェスチャーの役割も大きいです。

失敗を恐れずにどんどん会話を楽しんでいきましょう!

 

\ 無料体験実地中! /
短期集中マンツーマン英会話 SPworld

コメント

タイトルとURLをコピーしました