新しく覚えた英単語を使えるようにするコツ【3ステップ】

スキル別学習

せっかく覚えた単語もしばらく経つとわすれてしまったり、実際の会話でパッと使えず悔しい思いをしたことがあるのではないでしょうか?

 

今回の記事では、覚えた英単語を実際に使えるようにする魔法の3ステップを紹介します。

難しい手順は一切必要ありません。とにかく

① 覚えた英単語を使って ②日常的に使う例文を ③たくさんつくること

がポイントです。

 

「新しく覚えた英単語を実際に使えるようにするためのコツ」に関するを動画をYouTubeチャンネルに投稿していますのでそちらもぜひチェックしてください!

イベント告知&新英単語が使えるようになるコツ
2022/4/3(日)→大阪 2022/4/10(日)→東京 留学フェアのイベントが開催されます!参加費が無料で、各国の留学情報がたくさん聞ける!私も英会話ブースで協賛するので、留学する・しないに関わらず、英語の勉強に悩んでいる方に向けて『英会話力上達のコツ...

英単語を実際に使えるようにする3ステップ

この記事では、実際に ”prominent” という単語を使ってやってみます。

“prominent” は、「卓越した、傑出した、有名な、(周囲のものより際立って)顕著な、目立つ、突起した、張り出した」という意味の形容詞です。

① 例文を自作

まずは覚えた英単語を使って自分で英文を作ってみましょう。

このときに、実際に自分が日常生活で使う可能性のある文章を作ることが大切です。

※学校で習った英単語を忘れてしまう大きな原因は「単語単体で暗記しようとすること」です。たとえ英文を作ったとしても、それが「二度と使うことのない英文」だと自然にアウトプットされることはなく、自分の言葉として定着しません。

例文は以下の通りです。

I wasn’t a prominent student when I was in junior high school.
中学時代は目立つ生徒ではありませんでした。

I played a prominent role in the project.
プロジェクトで大事な役割を担当しました。

She has a prominent nose.
彼女の鼻は大きくて目立っています。

He is a prominent member of our team.
彼は私たちのチームの中で飛び抜けた逸材です。

The new building will be a prominent landmark in our city.
新しいビルは私たちの街のランドマークになるでしょう。

 

10個くらい作るのが理想的ですが、今回はこの辺で…

② 類義語を調べる

次に英単語の類義語を調べます。

 

英単語を英和辞典で調べると覚えきれないほどの意味がたくさん羅列されていて気が遠くなってしまいます。

日本語で覚えようとするのではなく、類義語を頭に入れていくことで「単語の持つニュアンスを広く捉えること」ができます。

“prominent” の類義語は

important(重要な)well-known(有名な)
conspicuous, noticeable(傑作な、目立った)
protuberant, protruding((物理的に)突出した)

このような類義語を挙げることができました。

類義語を頭に入れておくことで、普段 ”important” と言っているところに ”prominent” を置き換えて使うことができるようになります。

③ ネイティブがどう使うかを調べる

最後に余裕があれば、実際にネイティブがどうやってその単語を使っているかを調べてみるのがおすすめです。

方法はたくさんありますが、ここでは一番簡単な方法を一つ紹介します。

この方法は、TEDトークの中で実際にその単語が使われている文章の一部分を抜き出し、実際に音声を聞くことができます。
  1. TCSEのサイトへ(登録等不要)
    https://yohasebe.com/tcse/
  2. 検索窓へ単語を入力
  3. 該当単語が使われている部分がリスト化されて表示される

TEDトークの中からしか探せないのがデメリットですが、一番簡単な方法なのでぜひ試してみてください。

まとめ

覚えた英単語を身につけるための重要なポイントは

・日常生活で使える例文をたくさん作る
・類義語を理解する
・ネイティブがどう使うかを学ぶ

です。

 

語彙の幅は表現の幅に直結します。

「何度トライしてもすぐに忘れてしまう…」

という人はまずは1単語、徹底的に例文を作り、成功体験を作ってみましょう!

\ 無料体験実地中! /
短期集中マンツーマン英会話 SPworld

コメント

タイトルとURLをコピーしました