「リップクリーム」は英語でどう言えばいい?【通じないカタカナ語】

和製英語・カタカナ語
女性
Aさん

Where can I find some lip sticks?

講師
店員さん

“Lip sticks”ですね?こちらですよ!

(口紅の陳列コーナーへ案内される…)

悩む女性
Aさん

(口紅じゃなくて、リップクリームが欲しかったんだけどな…)

だんだんと日中の気温が下がってきて、指先や唇の乾燥が気になる季節になってきました。

英語勉強中のAさんは近所のドラッグストアに「リップクリーム」を買いにやってきました。

そこで、偶然にも店員さんが外国の方だったので、試しに英語でリップクリームがどこにあるかを聞いてみたようですね。

ただし、残念ながら「リップクリーム」「リップスティック」はカタカナ語(つまり日本語)なので、英語話者には通じません!

カタカナ語は英語ではなく”日本語”です

私たち日本人が使うカタカナ語の中には、和製英語といって日本人が英語の単語を組み合わせたりして作った「英語っぽい(つまり英語ではない)言葉」がたくさんあります。このようなカタカナ語は英会話で使っても、全く通じません。

通じない理由は大きく分けて3つです。

  • 発音が異なる
    例)ワクチン→vaccine(ヴァクシーン)
  • 英語の意味と違う意味で使われている
  • 完全に日本人が作った言葉

ですから、和製英語や英語以外の言語が由来のカタカナ語を、英語でなんと言うか知っておくことはとても重要です。

リップクリームは英語で「lip balm」

冒頭の会話にも出てきましたが、通じません。日本人の感覚からからすると「なぜ?」と思ってしまうかもしれませんね。

結論から言うと、保湿用の「リップクリーム」のことを英語で “lip balm” と言います。

“lip”(唇)“balm”(肌を滑らかにするクリームやオイル)「リップクリーム」

実は、英語で “lip cream” と言ってしまうと、口紅やグロスなどのお化粧に使うものを想像させてしまいます。

唇の保湿のために使う、いわゆる「リップクリーム」は乾燥による唇のひび割れを防ぐために男女問わず使いますよね。

一方、英語の「lip cream(リップクリーム)」は同じように唇に塗るものでも、女性が化粧をするときに使うものでグロスなどのことを指します。

同様に「リップスティック」と商品自体に記載されているものもあるのですが、「lip stick」と言ってしまうと、まさに「口紅」のことを表す表現になります。

lip stick → 口紅
lip cream → グロスなど
lip balm → リップクリーム

つまり、

女性

Where can I find some lip sticks?

というと、化粧品コーナーに案内されてしまうでしょう…

 

あと、日本語ではリップクリームのことを省略して「リップ」だけで呼ぶこともありますよね?

英語では「lip(リップ)」は唇そのものを示す言葉ですから、別の意味として捉えられてしまいます。

会話の中では “chap stick” の方がポピュラー

日本語で言うリップクリーム、は “lip balm” と表現される

と述べましたが、実際の会話の中ではもっとカジュアルに使われている言葉があります。

それは “chap stick” です。これはアメリカ英語でよく使われる言葉になります。

厳密にいうと、これは有名な製品名がそのまま使われているんです。

同じようなケースは私たちが使っているカタカナ語の中にもたくさん入ってきていますよ!

ホッチキス(ステープラ)やポストイット(付箋)のことを製品名で呼ぶのと同じニュアンスになります。

stapler → ホッチキス
sticky → ポストイット(付箋)

ここでちょっと考えてみましょう!

有名な製品名が使われるということは、イギリス英語では別の言葉が使われるのでは?

 

その通りです。

 

イギリスでは “lypsyl(リップシィル)” と呼ばれることが多いみたいです。

これはイギリスの化粧品メーカーの名前ですが、商品名自体が一般的に使われる英語として広く使われてるんです。

確かに日本だと、メンソレータムと言っても「あ、リップクリームのことかな?」と通じませんか?

単語ひとつひとつを見ていくと、このような違いが見えてくるのは面白いですね。

関連ワード
chap:「(乾燥による)ひび割れ、肌荒れ」という意味
dry lip:唇の渇き

まとめ

  • “lip cream” と言うと口紅やグロスのことだと勘違いされる
  • 正式には “lip balm”
  • 会話の中では製品名(”chap stick” や “lypcyl” )で呼ばれることが多い

\ 無料体験実地中! /
短期集中マンツーマン英会話 SPworld

【参考】合わせて覚えよう

チーク(頬紅)

×cheek ○blush

cheekは英語で頬の意味です。まさにそのままの意味で伝わってしまいます。

お化粧のときに使うチーク、いわゆる頬紅のことは “blush” と言います。

ここでLとRの発音を間違えてしまうと “blush” と発音したつもりが、 “brush”(ブラシ)と聞き取られてしまい、メイク用の筆が出て来てしまうので注意が必要ですね。

ピアス

×pierce ○earing

アクセサリーのピアスのことを言いたいときは、「earring(イヤリング)」が正解です。

日本語(カタカナ語)だと基本的には耳に穴をあけるピアスとイヤリングは区別されますが、英語では耳につけるアクセサリーとしての総称として使うことができます。特に穴をあけないものを特定して言いたいときは “clip-on earrings” と言います。

His ear is pierced.
(彼はピアスの穴があります)She is still too young to have pierced earrings.
(彼女はピアスの穴を開けるには若すぎる)

また、pierceやpiercedが「(耳に)穴を開けること・穴が開いていること」を表現する言葉として使われるケースもあるようなので参考に覚えておきましょう。

 

\ 無料体験実地中! /
短期集中マンツーマン英会話 SPworld

コメント

タイトルとURLをコピーしました