“See you later, alligator.”って言われて困った!どう返せばいい?

すぐ使いたくなるフレーズ集
講師

See you later, alligator!

悩む女性

See youはもちろんわかるよ!
でも、ア、アリゲーター?ワニ?
どんな意味?なんて返したら良いのかわからないや…

See you later, alligator.

これは簡単に言うと、別れの挨拶を楽しくするために使われる、いわゆる「言葉遊び」のような表現です。

この記事では
・”See you later, alligator” と言われたときの返し方
・韻を踏んだ言葉遊びフレーズ
・「さようなら」の多彩な言い回しとニュアンスの違い
について紹介します。

See you later, alligatorって何?

直訳してしまうと、「ワニさん、さようなら」になってしまいますが、この文章の中で ”alligator” に特に意味はなく、訳す必要もありません。

 

ただし、”alli-gator” の “gator” の部分が “later” と韻を踏むようになっているので、自分が言う時には「リズム良くテンポ良く発音すること」が大切です。

See You Later, Alligator | Goodbye Song | Super Simple Songs

調べてみると、このような動画がたくさんヒットします。

小学校の帰りの挨拶や友達との別れ際など、お別れをちょっと楽しくする遊び心のある言い回しの一つになっているんですね。

知り合いのネイティブにも通じるか試してみたところ、どの年代の人でも知っている人が多く、広く知られている表現のように感じました。

実際に良いタイミングで使えると、「へぇ~、よく知っているね!」と感心されるかもしれませんよ!

 

これができればあなたもネイティブ?|返しのフレーズ

女性

さっきのフレーズの中の “alligator” には「ワニ」の意味はなくて、会話を楽しく盛り上げようとしてくれてただけなんだね!

さて、遊び心のあるフレーズには同じように遊び心を持って返したくありませんか?

実はこのフレーズには返しのフレーズまでの「決まり切った一連の流れ」があるんです!

 

講師

See you later, alligator.

 

男性笑顔(右)

In a while, crocodile.

A: See you later.
またね!
B: In a while.
うん、またね!

という去り際の何気ない会話なのです。

“later” と “alli-gator” が韻を踏んでいるのに対して、返しのフレーズの中でも “while” と “croco-dile” の部分が韻を踏んでいます。

“alligator” も “crocodile” もどちらも「ワニ」の意味ですが、もちろんここで訳す必要はありません。

講師

See you later, alligator.

急に言われると「え?」とひるんでしまうかもしれませんが、”In a while, crocodile.” とサッと返せると和やかな雰囲気になり、次に会うのが楽しみになりそうですよね!

その他にもたくさんある|楽しい別れの挨拶

英語には他にも、動物などの単語を使って韻を踏んだリズムで遊ぶようなお決まりのものがたくさんありますよ!

その中でも、”See you later alligator.” と同じようにお別れの挨拶で使えるものを紹介します。

Bye-bye, Butterfly.

butterfly:蝶

See you soon, Raccoon.

raccoon:アライグマ

Gotta go, Buffalo.

I gotta go = I’ve got to go(≒口語的なhave to go)
じゃあね!

buffalo:闘牛

Take care, Polar bear.

polar bear:ホッキョクグマ

 

“Take care.” も “Bye.” も別れの挨拶によく使われるフレーズです。

例えば、相手に “Bye-bye.” と先に言われた場合にはオウム返しするだけでなくて、後ろに “Butterfly” とサッと付けられるようになると良いですね!

それぞれのフレーズごとに動物の日本語訳を解説としてつけていますが、遊び心を持った表現の中で韻を踏んでいるだけなので、それらが特に意味を持つことはありません。

しかしながら、動物の英単語も意外と日本人にとっては馴染みのないものが多いと思います。この機会に覚えておくといいですね!

 

日常会話でよく使われる「またね!」のお別れフレーズ

さて、ちょっと楽しい別れのフレーズを学んだところで、日常会話でよく使われる他の「さよなら!」「またね!」の別れ際フレーズを整理しておきましょう!

【Good-bye】は永遠の別れの挨拶?

日本人が英語の別れの挨拶としてまず思い浮かべるブレーズは “Good bye.”(グッバイ)ではないでしょうか。

“Good bye.” はもともと “God be with you.”(神があなたと共にありますように)という祈りの言葉が省略された表現とされています。フォーマルな場面にふさわしい、代表的な別れのあいさつ表現といえるフレーズです。

ただし、

・次にいつ会えるか分からない
・次に会うことを望んでいない
・永遠にさようなら

このようなニュアンスを含む言葉であるとされており、やや堅い雰囲気があり、相手や場合によっては誤解を与えてしまうかもしれません。

また、日本人にとって「バイバイ」というカタカナ語はカジュアルな会話の中ではよく使われている言葉ですが、英語で ”Bye-bye.” と言うと少し幼稚なニュアンスを含みます。ここでは、代わりに ”Bye.” と一言にしておくのが無難なです。

いろんな場面で使える【See you】は別れの挨拶の優等生

“See you” も日本人にとって耳に馴染みのあるフレーズの一つだと思います。

“See you”だけでも十分に意味は通じるのですが、後ろにつける言葉で少しずつニュアンスの違いを出すことができます。ぜひ覚えておいて表現の幅を広げていきましょう!

See you later

“See you later, alligator.” の例でも取り上げたフレーズです。

“later”を「あとで」と訳してしまうと、「その後に予定がある場合に使う?」と思ってしまいそうですが、ここでは現在以降の未来を示します。

つまり、次に会う予定に関わらず、もっとも広く便利に使うことができる言葉なんです。

See you soon

一方、後ろに付く言葉が ”soon” になると、より近い将来に会う予定がある場合に使うのがベターです。

“See you later.” よりも少しフォーマルな印象のある言い回し、とされています。

See you tomorrow

次に会う予定が具体的に決まっている場合は、”See you” の後ろに

tomorrow 明日
next weekend 来週末
at 7pm 夜7時

など、明確な時間・日付などを付けでもOKです。

See you then

こちらも具体的に次に会う日時などをお互いに認識している場合に使われることが多いフレーズですが、

A: Hopefully I can see you again.
また会えるといいね!
B: Alright, see you then.
またお会いしましょう!

このように返すと、「次に会えるとき」を楽しみにしているというニュアンスを伝えられます。

I hope to see you soon

ビジネスシーンなどで、より丁寧にお別れの挨拶を伝えたい場合は ”I hope to~” を付け加えると良いでしょう。

まとめ

この記事で紹介した内容をおさらいします。

・”See you later, alligator.” はちょっと楽しいお別れの挨拶

・言われた時は “In a while, crocodile.” と返す

・他のフレーズもまとめて覚えておこう!
(Bye-bye Butterfly, Gotta go Buffalo, Take care Polar bear)

See you のさまざまな表現を整理しておこう!

See you soon:近い将来に会う予定がある
See you later:カジュアルに万能に使える
See you tommorow:具体的な日時を付けてOK
I hope to see you soon:ビジネスでも使えるより丁寧な表現

“See you later, alligator.” はお別れの挨拶をちょっと楽しく、次に会うのが楽しみになるような良い雰囲気にしてくれるフレーズだったんですね!

この記事で紹介しきれなかったものの中にも、動物にちなんだ言葉遊びのフレーズがたくさんあります。

パッと使えると、相手との距離がグッと近づく可能性大!なので、しっかり覚えて使えるようにしておきましょうね!

\ 無料体験実地中! /
短期集中マンツーマン英会話 SPworld

コメント

タイトルとURLをコピーしました